大豆イソフラボンの効果と効能


メニュー
 大豆イソフラボンとは
 大豆イソフラボンの効果と効能
 「女性ホルモン」にまつわる真実
 大豆イソフラボンの過剰摂取

当サイトのバナーです
お持ち帰り下さい

大豆イソフラボンが体内に良い効果を生む
大豆イソフラボンと言うのは、特に大豆の胚芽に豊富に含まれる、
フラボノイドの1つ、グリシテイン・ゲニステイン・ダイゼインの総称です。
特にアジアの各国では、非常に古い歴史のある食材の1つです。

そのため、適量の摂取は安全性も高く、さまざまな健康・美容効果があります。
例えば、骨粗鬆症の予防、心筋梗塞などの循環器系疾患の予防、
女性の更年期障害の緩和、美肌効果などがあります。
また、便秘の予防の効果もあると言われており、妊娠初期の女性や

大豆イソフラボンをサプリメントで摂取する時には?
大豆イソフラボンは、品種や、その栽培の環境によって、
含有濃度が変わります。通常は、乾燥した子実のうち、
約0.2〜0.3パーセントほどです。

1日あたりの大豆イソフラボンの摂取目安の上限は、
約70〜75ミリグラムと、言われています。この数値というのは、
大豆イソフラボンを含む、特定保健用食品の基本的な考え方に基づいたもので、
サプリメントから得る場合は、このうち約30ミリグラムまでを、摂取すると良いと言われます。

大豆イソフラボンに含まれている有効成分
女性ホルモンは、プロゲステロンとエストロゲンがありますが、
このうち、エストロゲンは大豆イソフラボンと非常に構造が似ています。
そのため、大豆イソフラボンはエストロゲンの受容体に結合して、
同じような効果を発揮すると言われます。
ただし、その効果は1/1000以下と極めて弱いものです。

更年期障害は、エストロゲンの不足が1つの原因とされますが、
大豆イソフラボンを摂取した場合、エストロゲン不足をサポートするため、
障害による症状を緩和することができるようになります。

また、尿中のイソフラボン量と、骨密度にも関係性があります。
骨密度が高い人ほど、尿中のイソフラボン濃度も高くなる、相関関係があるのです。

尿中のイソフラボン濃度と言うのは、大豆の摂取量に比例するため、
大豆イソフラボンの摂取は、骨を強くする効果があると分かります。
骨粗鬆症の予防効果が得られるわけです。

更に、女性ホルモンには、悪玉コレステロールの減少、
血管系の病気の予防、血液をサラサラにして血圧を下げる作用があるため、
健康の面から見て、大豆イソフラボンは非常に効果的だと言えます。


このサイトは、全面的にリンクフリーです.ご自由にリンクをお張り下さい.