大豆イソフラボンの過剰摂取


メニュー
 大豆イソフラボンとは
 大豆イソフラボンの効果と効能
 「女性ホルモン」にまつわる真実
 大豆イソフラボンの過剰摂取

当サイトのバナーです
お持ち帰り下さい

大豆イソフラボンは摂取し過ぎに注意
大豆イソフラボンの効果は、さまざまありますが、
私たちが良く注目するのが、「がん予防」があると言う点についてです。
女性ホルモンの分泌を正常化させる大豆イソフラボンは、
女性ホルモン不足による、体調不良や、過剰分泌による、
発がん率を下げる効果が期待されています。

私たちの古くから伝わる和食のメニューは、大豆イソフラボンを、
適度に摂取できる食事となっています。例えば、お豆腐、納豆、
お味噌などがそれに当たります。

そのため、日本人の乳がんの発症率というのは、
世界的に見てもかなり低いものです。今、そういった観点から、
大豆イソフラボンは世界中で注目されているとも言えます。

大豆イソフラボンのサプリメントは、世界中で作られるようになり、
「乳がん予防」のキャッチコピーから、爆発的に売り上げられました。

■大豆イソフラボンは摂取し過ぎに注意

イタリアでは、1日150ミリグラムの大豆を5年間、
閉経後の女性に摂取して貰うと言う研究が行われました。

日本でも、閉経前の日本人女性に、普段の食事から、
大豆イソフラボン29.5ミリグラム、豆乳400ミリグラムを摂取して貰ったところ、
子宮内膜増殖症が起きやすくなったと言う結果になりました。

また、女性ホルモンの1種、エストラジオールが3割ほど低下し、
月経の周期が11.7%ほど、長くなったそうです。

大豆イソフラボンの1日の摂取量の目安は、70〜75ミリグラムですから、
この目安は誤らないようにしたいところですね。

このエストラジオールと言うのは、エストロゲンの一種ですが、
最も生理活性物質としての作用の強いもので、不足した場合、
妊娠しにくい体になるものだそうですから、
適正量以上の大豆イソフラボンを摂取することは、妊娠を望む女性にとっても、
良くないことと言えるでしょう。

更に、長期的に大豆イソフラボンを摂取し続ける研究はまだされていないため、
安全性が確認されていないことや、妊娠中の妊婦さんが、
多量の大豆イソフラボンを摂取したことによって、胎児に影響が出るケースもあるため、
そういう面からも危惧されています。

もちろん、過剰に摂取しなければ、健康を損なうことはありませんし、
健康・美容効果が得られるものです。

ただし、乳幼児、15歳以下のお子さんの場合は、
普段の食事で得られる大豆イソフラボンで充分に賄えます。
日本人の私たちであれば、不足する心配は皆無と言えるでしょう。

しかし、今は日本人の食生活も欧米化してきていると言われるため、
若い世代の乳がん発症率が高まりつつもありますから、
普段の生活の中で、和食メインにする工夫は必要なのかも知れませんね。


このサイトは、全面的にリンクフリーです.ご自由にリンクをお張り下さい.