大豆イソフラボンの効果はない! 「女性ホルモン」にまつわる真実


メニュー
 大豆イソフラボンとは
 大豆イソフラボンの効果と効能
 「女性ホルモン」にまつわる真実
 大豆イソフラボンの過剰摂取

当サイトのバナーです
お持ち帰り下さい

女性が女性らしくいれるのは、「女性ホルモン」のお陰と言っても、
過言ではありません。美容系の雑誌などでも、女性ホルモンは、
綺麗で居るため、美肌で居るために必須とも良く書かれています。

そんな女性には不可欠の女性ホルモンですが、実は、
一生のうちに、ティースプーン1杯ほどの少量しか分泌されていないって、
ご存知だったでしょうか?

女性ホルモンは2種類から成り立つもの
・黄体ホルモンとも呼ばれるプロゲステロン
プロゲステロンは、特に妊娠の時にサポートしてくれる女性ホルモンです。

・卵胞ホルモンとも呼ばれるエストロゲン
若く見える女性ほど、このエストロゲンの分泌量が多いとも言われる、
女性が特に増やしたいと願う女性ホルモンです。

女性ホルモン分泌のメカニズム
女性ホルモンは、脳にある視床下部から脳下垂体を刺激し、
性腺刺激ホルモンが分泌されます。また、その性腺刺激ホルモンが、
血流に乗り、卵巣に行き着くことで、エストロゲンと呼ばれる、
卵胞ホルモンが分泌されるものです。

簡単に言うと、子供の産める年齢になったと脳が判断することで、
体が反応して、エストロゲンを分泌し、女性の体にある器官、
細胞に呼びかけて、女性の体を女性らしく変えるのです。

女性ホルモンは、食材からも増やすことができる?
しかし、ホルモンと言うのは、ビタミンや、ミネラルとは違い、
食事ではほとんど、補えるものではないため、そのあたりは、
気を付けて生活する必要があると言えます。

”女性ホルモンをつくる食材”と言うのも耳にすると思いますが、
これは、女性ホルモンのような作用を持つ、植物性エストロゲン
と呼ばれる栄養素のこと。例えば、大豆イソフラボンなどが有名ですね。
あくまでも、似ている成分ですから、ホルモンがつくられるとは、
少し異なった意味合いになります。また、食材から得られる効果は、
医学的にはまだ証明されていない部分でもあるようです。

このエストロゲンと言うのは、25歳ころをピークに徐々に減少します。
お肌の老化が徐々に衰えを感じるのも、同じ時期となりますから、
なるべく、女性ホルモンや、お肌の調子に関する知識は持ちつつ、
生活習慣に活かし、女性らしい体つきや、美肌を維持していきたいものですね。
また、女性ホルモンと言うのは、過度なダイエットなどの、
不規則な生活習慣でも落ちると言われますから、注意してください。


このサイトは、全面的にリンクフリーです.ご自由にリンクをお張り下さい.