大豆イソフラボンとは

納豆など大豆製品には健康・美容効果があり、それは大豆イソフラボンの働きによるものです。
本サイトでは、大豆イソフラボンとはどんなものかどれだけ摂取すればいいのか説明していきます。

メニュー
 大豆イソフラボンとは
 大豆イソフラボンの効果と効能
 「女性ホルモン」にまつわる真実
 大豆イソフラボンの過剰摂取

当サイトのバナーです
お持ち帰り下さい

大豆イソフラボンとは?
大豆イソフラボンとは、大豆(特に、大豆胚芽)に豊富に含まれる、
複数の化学物質のことで、総称名です。
女性ホルモンの1つ、「エストロゲン」と似ている性質を持つことから、
植物性エストロゲンと言う呼ばれ方をすることもあります。

大豆でもなかなか解消しない出産後の便秘は、「産後に痔になって排便時に出血が。ひどくなると手術も・・」をみてね。

大豆イソフラボンの含有濃度について
大豆イソフラボンは、品種や、その栽培の環境によって、
含有濃度が変わります。通常は、乾燥した子実のうち、
約0.2〜0.3パーセントほどです。

その、子実中に含まれている大豆イソフラボンは、その多くが、
ダイジン、ゲニスチンなどといった化学物質として存在します。
また、これらの化学物質の総称が大豆イソフラボン配糖体と言います。

大豆イソフラボン配糖体は体に取り入れると、腸内細菌の酵素の動きより、
糖の部分が分離して、糖が結合していない状態の、大豆イソフラボンアグリコンとなります。
これは、ダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインと呼ばれる、
3つの化学物質がそう、呼ばれています。


このサイトは、全面的にリンクフリーです.ご自由にリンクをお張り下さい.